>

実務経験年数

多くの資格は学歴によって資格取得に必要な実務経験年数が違います。
確認が必要です。
試験がある資格では学校などで教わる方が早い事が多いです。
補修などがあるようです。
実務経験を積む為には就職する必要があります。
建築、土木の求人が集まる建築学科、土木学科のある学校は就職先を見つける為にも便利です。
工業高校だと建設、土木やデザイン系の学科があります。
2級土木施工管理技士や2級建築施工管理技士の受験資格は高校の指定学科卒業なら実務3年以上、普通科卒なら4年6か月以上となります。
指定学科の方が早く受験の機会を得られます。
資格試験の支援に取り組んで受験指導をしてくれる学校もあります。
ハローワークでの離職者訓練も資格取得の条件として使えるものもあります。

設計、デザインの資格

国家資格として建築士があります。
建設物の設定や工事が計画通り行われているか確認する監理作業やその他建設に関する業務を総合的に行う資格です。
建設という仕事に総合的に関わりたい人や建築物の設計に携わりたい人はまずは建築士を目指すべきです。
1級、2級、木造建築士があります。
建築物の構造や高さ、階数、延べ床面積、用途などで関われる建築物が決まっています。
1級は全ての建築物が扱えます。
2級は小規模な建築物、木造建築士は木造建築物に限り業務を行えます。
1級建築士は国土交通大臣の免許を受けて設計、工事監理業務の業務を行う資格です。
ほぼ全ての建築物の業務を行えます。
一部の建築物の構造設計は構造設計1級建築士の構造設計か法適合確認が必要です。
最初から1級建築士を目指すなら大学の建築学部に進むのが早道です。
それが難しい場合は、ます2級建築士になって仕事をしながら1級建築士を目指すことも手です。


さらに細かい業種

この記事をシェアする